Hakutaku
tattoo studio #
NL / EN /

「Hakutaku 白澤」 はヴァネッサ・ヴァン・デ・ボールデのタトゥー・スタジオです。タ トゥーはすべて日本式です。絵を描くこと、スケッチすること、絵を描くことは、子ども の頃からヴァネッサの情熱でした。彼女は 15 歳からゲントのサン=ルーカス美術学校に通 いました。そして高校の視覚芸術の学位を取って卒業しました。次いで修士号「オーディ オビジュアルアート、アニメーション」を取得しました(KASK、芸術学校、HoGent にて)。 彼女のタトゥーへの関心は 2005 年頃に始まりました。最初は熱心な顧客として、そして 2009 年以来はタトゥーイスト自身として。2010 年 3 月、ヴァネッサ自身のスタジオ 「登 竜門タトゥー」をゲントにオープン。そのスタジオは何年にもわたって発展してきました。 コルトレイクスポールト通りのショップスペースは大きくてオープンなお店でした。営業 時間が決まっていて、誰でも立ち寄れるし、いろんなスタイルのタトゥーを選ぶことがで きました。大きなバックルームには、日本の武道道場や真言仏教の瞑想教室がありました。

数年後、人々の関心はますます日本式のタトゥーに移行し、他のスタイルは次第に姿を消 していきました。また実務上の理由から、ショップの経営はオンラインによる事前予約制 のプライベートスタジオという形態に生まれ変わりました。2016 年 7 月、スタジオはより 小さなスペースに移りました。まだゲントにありますが、市の中心地からは少し離れてい ます。それでも、まもなく「Hakutaku 白澤」の名は定着し始めました。スタジオへのアク セスは公共交通機関を利用できます。スタジオの住所はメールでのお問い合わせでのみ、 お知らせしております。